カードローン審査の基準を解説してみます

カードローンは手軽でスピーディ

カードローンは、カードを利用するだけで簡単に現金を引き出すことができるものとして非常に便利です。特に即座に現金が必要になったときにはコンビニエンスストアなどに設置されているATMを利用して24時間引き出すことができるのもメリットとして、利用者が増加傾向にあります。
これからはクレジットカード並みに普及してくると言われています。

審査を突破しなくては利用できません

そんなカードローンはだれにでも利用することができるわけでなく必ず審査があります。この金融機関の審査に通過をしない限り現金を引き出すことができません。
基準はそれぞれの金融機関によって異なっているために一概に言うことはできません。一定の基準については明示されていることが多いですが、これまでの状況も大きく加味されていることが多いです。

問われているのは利用者の返済能力

そんな条件の中でも重要になっているのが資産の状況です。お金を貸し出す金融機関側として一番の問題は、貸し付けをしたお金が戻ってこない状況になるのは避けたいことです。そのため、カードローンを利用する人が返済をする能力を持っているのかということが大きな条件になります。そのため、収入状況の調査や保有資産の調査などが行われます。資産が多ければ回収をすることが可能として大きな金額のお金を借り入れることができますが、少なければ返済能力がないとしてカードの発行をしてもらうことができなかったり、貸し出しの金額が少なくなったりします。

クレジットヒストリー(信用情報)が問われます

他には、これまでの利用状況もあります。これまでのカードの利用状況が良好であれば借金をすることに対して信用があることになりますが、これまでに返済が滞ったことがあると返済能力に問題があるとしてカードの発行をしてもらうことができないこともあります。審査を通るためには、資産やこれまでのカード利用状況が重要です。