現代のカードローンの特色について

カードローンは手軽にお金を借りられるサービス

砂漠に生まれる苗カードローンとは、その名の通りカードを使ってお金の借り入れや返済ができるローン商品のことです。具体的には、利用申し込みをしてカードを発行してもらい、ATMやCD経由で出金や入金を行うというものです。

変化してきたカードローンの定義とサービス内容

従来、ローンといえばお金が必要な時にその都度取扱会社の窓口に直接出向いて借り入れをするというのが一般的でした。しかしオンラインシステムの普及によって全国どこでもお金の出し入れができるようになったことから、このような商品が生まれました。これにより、近くに店舗窓口がない地域に住んでいる人にも気軽に利用できるようになったのです。

審査はありますが、社会人ならほぼ利用可能です

もちろん最初に利用申し込みをする際は取扱会社の審査を受けなければなりませんが、この審査も最近では郵送・自動契約機・インターネットなどを通じて受けることができるようになっており、利便性は飛躍的に向上しています。

担保や保証人が不要な借金となります

このような利用手続きが可能になったのは、このローン商品が原則として使いみちが自由で、また担保や保証人も不要であるためです。したがって審査項目は本人の身元や収入の額、他に借り入れがないかどうかといった点に限られ、非常に簡単なものとなります。そのため自動契約機やインターネットからの申し込みでは、申し込んだその日に借り入れができる、いわゆる即日融資が可能なところも少なくありません。

限度額内で手軽に追加借入も可能です

審査の結果利用OKとなると、それぞれの利用者ごとに融資限度額が設定されます。そしてこの限度額の範囲内であれば、何度でも借り入れや返済ができるようになります。たとえば限度額が50万円であれば30万円借りた後10万円返済し、その後さらに30万円借りるといった利用の仕方も、いちいち審査を受けることなく可能になります。